デジカメやスマホで料理写真を撮るコツは? Instagramでおしゃれに仕上げるテクニックも

ブログやTwitter、Instagramなどに、料理の写真をアップして楽しむ人が増えています。せっかく写真に残すなら、できるだけおいしそうに写したいですよね。料理の撮影がうまい人は、どんな工夫をしているのでしょうか? 写真のプロが教えるテクニックを紹介します。

■ 「色味」「光の向き」「構図」を意識しよう

料理をおいしそうに撮る | デジタル一眼カメラ α(アルファ)で写真撮影を楽しむ | 活用ガイド | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー

ファミリーフォト - リビングで料理をおいしそうに撮る | Enjoyニコン | ニコンイメージング

ソニー「α」やニコンイメージングのサイトでは、デジタルカメラで料理写真を撮影するコツを紹介しています。

主なポイントは「色味」「光の向き」「構図」の3つ。一般的に暖かみのある色味にした方がおいしそうに見えるので、カメラの設定でホワイトバランスを調整しましょう。光は、昼間であれば窓から入る自然光を利用するのがいいそう。順光ではなく逆光気味で撮影すると、料理に立体感や質感が生まれます。逆光で撮ると手前が陰になることが多いので、二つ折りにした白い紙をレフ板にし、前方からも光を当てると明るくきれいに撮影できます。

構図については、基本は「光が美しく当たる斜め上からのアングル」がおいしく見える角度だそう。料理に近寄ってみたり、背景や小物をうまく使ってみたりと、いろいろな撮り方を試してみましょう。デザイン的なおしゃれ感を出すなら、あえて真上から撮る方法もあります。

■ Instagramで楽しむ料理写真

instagramでいいね!が付く料理写真テクニック! | PARIS mag パリマグ

「PARIS mag」では、料理写真専門の写真教室を開いているプロの写真家が、スマートフォンでおしゃれな料理写真を撮影するテクニックを披露しています。

おしゃれな料理写真を撮るには、「撮りたい写真のイメージ」を持っておくのがいいそう。構図や小物づかいなど、自分が気に入った写真をまねして撮ってみるのも一つの手です。被写体の位置や余白の空け方、背景の選び方、撮影の角度などによって印象がガラッと変わるので、自分のイメージに合った構図を探ってみましょう。Instagramにはフィルターなどの加工機能が付いているので、明るさやコントラスト、色味を調整することで、より雰囲気のある写真に仕上げることができます。


はてなニュースのInstagram(@hatenanews)にアップしている、オフィスのまかないランチ写真。加工前はイマイチな色合い


フィルターをかけて色味を調整すると、おいしそうな印象に


おいしそうな写真をアップしている人を見かけたら、どんな工夫をしているのか参考にするのもいいですね。上手に撮れれば、ますますシェアするのが楽しくなりそうです。


文:はてなニュース編集部


※この記事は、はてなニュースの下記記事をもとにリライトしたものです。

カメラの設定や構図が決め手!「料理」を美味しそうに撮る方法 - はてなニュース


Title Photo by with wind