冷蔵庫をすっきり整理するコツ たくさんの野菜や作り置きおかずを上手に収納しよう

家の冷蔵庫、気が付くと中身がごちゃごちゃになっていませんか? 奥にしまっておいた食材の存在をうっかり忘れて、賞味期限を切らしていた……なんていうこと、よくありますよね。毎日の献立に欠かせないストック食材や作り置きおかずも上手に収納できる、冷蔵庫整理のポイントを紹介します。

■ 冷蔵庫に入っているすべての食品を把握しよう

冷蔵庫の整理収納のテクニック | エステー株式会社くらしにプラス

エステーの「くらしにプラス」では、掃除コンサルタントの高橋和子さんが冷蔵庫整理のポイントを紹介しています。すっきり整理するために大切なのは「すべての食品を把握できるよう収納する」こと。奥の方の食品も取り出しやすいように入れる、食品の使用頻度によって収納位置を決めるといった工夫ができます。収納には、ブックエンドやクリップなど意外なアイテムが活躍します。

■ それぞれの食品に“指定席”を作ろう

人気ブロガーに聞く、冷蔵庫収納のコツ | マイカジスタイル

花王の「マイカジスタイル」で紹介しているのは、ブログ「家づくり手帖」のru:riさんに聞く冷蔵庫整理のテクニック。使用頻度の高いものを取り出しやすい位置に入れるなど、食品ごとにしまう位置を決めています。他にも、食品を入れる容器は透明なものを使う、ドアポケットにボトルなどを入れる際は背の高いものを奥にするといった、“冷蔵庫の中身を把握する”ための工夫がたくさん。エントリーでは具体的な食品の配置が写真で紹介されているので、今すぐ実践できそうです。

■ 野菜や作り置きおかずを上手に保存するには?

MOTTAINAIライフ:冷蔵庫の整理整頓 - 毎日新聞

いろいろな種類の野菜を冷蔵庫で保存しようとすると、どうしてもスペースを占領してしまいがち。毎日新聞のサイトでは、買ってきた野菜をそのまま冷蔵庫に入れるのではなく、洗ってから保存袋に入れ、立てた状態で保存するというテクニックを紹介しています。野菜の種類によっては、寝かせておくよりも鮮度が保てるそうです。

エントリーの後半では、作り置きおかずを保存する際のコツも。におい移りしやすいものはプラスチック容器に入れないなど、食品の種類によって適した保存容器を選ぶことで、清潔な状態が保てます。

見やすく取り出しやすい冷蔵庫と野菜室の整理収納のコツ - 北欧、暮らしの道具店

「北欧、暮らしの道具店」では、ブログ「エコナセイカツ」のマキさん(id:econaseikatsu)が実際に使っている冷蔵庫を公開しています。マキさんの家の冷蔵庫は、野菜室が比較的小さいタイプ。たくさんの野菜をそのまま収納するのは難しいので、ゆでる、洗うといった半調理や、作り置きをして工夫しています。「冷蔵室の食材が1週間で入れ替わる」サイクルなので、使い切れなかった食材が傷んでしまうこともないそうです。


文:はてなニュース編集部


※この記事は、はてなニュースの下記記事をもとにリライトしたものです。

冷蔵庫の中を整理整頓するコツとは? 便利グッズやアプリの活用も - はてなニュース


Title Photo by U.S. Department of Agriculture